土のうを作ろうとしても、ここはコンクリートジャングル

そもそも、土が無かった!! 

近年の豪雨災害では、局地的大雨の事も多く、短時間で浸水被害の

場面が多く報告されています。

その為、いざという時に焦っても、対策には間に合わない可能性が…。

 

床下浸水対策として、「水のう君Ⅱ・β」なら、準備も簡単、さらに、

後処理まで考えて製品化おりますので、自信をもってご紹介できます。

 

「土のう」と、「水のう君β」の性能比較

 

また、最近では、土のうの代わりに給水ポリマー土のうという商品も

数多くありますが、使用後の処分時の事まで多くは語られていません。

産業廃棄物扱いになるところもあり、費用が必要となります。

 

▼「水のう君Ⅱ」実際の設置の様子▼

https://www.youtube.com/watch?v=eNxtWJ8bMyw&t=3s

コメントを残す