地震でも大活躍キャンピングカーのトイレ事情|vol.7

地震でも大活躍キャンピングカーのトイレ事情|vol.7

快適なアウトドアやキャンプが楽しめるキャンピングカーには、食事や睡眠そしてトイレができる点に優位性があります。トイレの掃除や設置については様々な問題があります。今回は、そんなキャンピングカーのトイレ事情や設置できる代表的な3つのトイレ、その処理方法についてご紹介します。

また、弊社の看板商品キャンパートイレの便利な使用方法を紹介いたします!

1. ポータブルトイレ

名前のとおり、持ち運びができるタイプのトイレです。本体に洗浄水タンクと汚水タンクを備えており、ポータブルとは言っても高機能なものが多くそろっています。

バンを改造したバンコンや軽自動車をベースにした軽キャンパーには固定のトイレをつけられるモデルが少ないため、多くの場合、トイレ機能をつけるにはポータブルトイレを使うことになります。

ポータブルトイレではまず、使用前に汚水タンクに決められた量の水を入れ、専用の薬剤を入れます。この薬剤が汚物を分解し、消臭効果も発揮してくれます。

汚水タンクがいっぱいになったらトイレに流しますが、キャンプ場や道の駅などの公衆トイレに捨てるとマナー違反となる可能性があるため、基本的には帰ってから家のトイレで処理してください。

2. カセット式トイレ

カセット式トイレは、トラックの荷台を改造したキャブコン以上の大きいキャンピングカーに多く設置されているタイプのトイレです。

専用のトイレルームとして常設で設置されており、家のトイレと近い使い心地です。もちろん水洗式なので、清潔に使用できます。

カセット式トイレの汚水タンクはキャンピングカーの中からは見えない位置にあり、外に回って専用の取り出し口から取り出します。

カセット式トイレも容量が大きいとはいえ、タンクがいっぱいになる場合があります

なお、近年は汚水タンクがいっぱいになったことをランプで知らせる機能のついたトイレもあるため、購入の際にはチェックしておきましょう。

3. マリントイレ

カセット式トイレと同じく、キャンピングカー内に常設するタイプのトイレです。船のトイレ設備と同じ仕組みであることから、マリントイレと呼ばれます。

キャンピングカーのトイレの場合はキャンプ場やRVパークに設置されているダンプステーションとキャンピングカーをホースでつないで処理を行います。

薬剤で分解された汚水は緑や青などの「薬剤の色」をしており、視覚的に汚水を見ている感覚は少ないと言えますが、マリントイレの場合はそもそも見ずに済むメリットがあり処理方法もとても簡単です。

なお、キャンピングカーが広く普及しているアメリカと違い、日本のキャンプ場やRVパークではダンプステーションがあまり整備されていません。そのため、販売されているキャンピングカーの多くはカセット式トイレを採用しています。

5. キャンピングカーのトイレ、いる?いらない?


キャンピングカーにトイレが必要だと思う人の理由としては、「都会から離れることが多くトイレが少ないのであったほうがいい」、「高速道路などで渋滞が起こった際にも車内で済ませられる」といったものが挙げられます。また、子どもや高齢者を乗せて走ることが多い場合にも、キャンピングカーにトイレが設置してあると安心です

キャンピングカーにトイレが不要だと思う人の理由としては、「SA・PAや道の駅、コンビニなど清潔なトイレがたくさんある」、「トイレのない場所で長期間滞在することがない」といった理由の他に、「汚水を処理できる場所が少ない」、「汚水の処理に抵抗がある」、「臭いが気になる」といったものもあります。

現在は、様々な場所に整備された清潔なトイレがたくさんあり、都市部で運転される方であれば問題ないと思います。ですが地方や山間部では、トイレが破損していたり、ペーパーがなかったり、手入れが行き届いていないトイレがあったりします。

もしもの時の保険で携帯トイレがあった方が安心です。キャンパートイレがあればキャンピングカーにトイレが不要要因がほとんど解消されます。

6. 災害・感染症に大活躍のキャンピングカーのトイレ

キャンピングカーが災害時の避難場所としても注目されています。
災害が起きた際は自分の身は自分で守らなくてはいけません。都市部の災害では、多くの避難民が予想されます。避難所に行っても食事や水、携帯トイレ配給に時間がかかる場合があります。
さらに、現在では感染症や高齢化の問題があります。

避難所の運営として密の状況を避けるため、自治体は備蓄品の配布のみで、要配慮者や高齢者、被災者のみ避難所で対応し、他の方は在宅避難を推奨する自治体もあるようです。高齢者も避難所へ移動することも大変な場合があります。

その際に、キャンピングカーに備蓄品やトイレがあれば安心です。

筆者も感染症にり患した際に、隔離にキャンピングカーが大活躍しました。家と同じ環境なでトイレも車内にあるため、隔離生活も生活水準を落とすことなく快適に過ごすことができました。さらに、トイレに関してはカセット式ですと清掃の必要がありますが、携帯トイレを使用することで、カセット式トイレの清掃が必要がないので安心です。

7. キャンパートイレのローリングストック

災害時や車の立ち往生に備えて車の中に備蓄することをおすすめします。

キャンパートイレをキャンプ時や通常のご旅行で使用し、不快なトイレ掃除や匂いなどを無くします。そして、なくなる前にまた補充します。

このサイクルを繰り返すことで、災害時であれば、車にあるキャンパートイレを使用し自宅のトイレで使用します。災害時の備えにもなるのです。

その他にも、水分の多いゴミの処理に使用したり、車内で食べた食事の残り物の処理に使用したり、乗り物酔いの際になど多くのシチュエーションで使用できます

ブログに戻る

コメントを残す