水のう君はお客様からの多くのヒントをいただき誕生いたしました!

当時ニュースに大雨での災害が報道される中、知り合いのマンションオーナーの地下駐車場が浸水し大変な被害がありました。

その浸水どうにかならないかと、弊社に相談がありました。

弊社には、携帯トイレの技術で使用していた「特殊な吸水ポリマー」を活用できないかと考え、ポリマー土のうの開発を進めていくこととしました。

しかし、問題が発生しました、

「吸水ポリマー土のう」を開発しようと進めていたのですが、まず、事前に水を吸わせてから積み上げる必要があるのです。かなり時間がかかり、吸収させると重くて運びづらい。しかも使用後に放置すると腐敗しすごい臭いを発します。廃棄をしようとすると業者が引き取ってくれません、「産業廃棄物」扱いになるそうです。と、様々な問題が上がってきました。。。

弊社で作っていた携帯トイレの技術である、「吸収ポリマー」は吸水土のうに転用すると厄介なものだということが判明しました。

そこで、弊社の給水袋の技術を応用し、水を入れるだけで土のうの代わりとなる「水のう君」という商品を開発しました。

水のう君は、

ホースが入れやすいように、口径が広いフタを採用。給水しやすい形状に!

ホースによる給水で、圧倒的な時間短縮に貢献!

土を必要としないので、アスファルトの浸水が気になる「その場」で積める

もし、幸いにも水害にならなかった場合にも。。。

掃除、植物への水やり、水資源の再利用が可能!

水のう君は中身は水なので、排出して袋自体の再利用が可能!

水害対策、特に止水対策は雨の降る前に対策いなければなりません。

しかし、最近の日本では、「線状降水帯」「ゲリラ豪雨」の頻発で予測が非常に難しいです。

手軽に、素早く準備できれば、もし空振りしても「よかった」で済みます!

再利用もできる水害対策「水のう君」を検討してみては?

コメントを残す